サダコさん(ペンネーム)のGibson(ギブソン)J-45コレクション


左1番はGibson J-45 1967年式。今年の6月に購入です。
左2番は一番最初に購入しました。Gibson J-45 1965年式 ピックガードのロゴ
もきれいに残っています。これで、ビンテージギターの保管方法を勉強しました。
2004年6月に購入です。
左3番 2番目に購入。1967年式がほしくて、ほしくて・・・サウンドは抜群です。
左4番 3台目として購入。1967年式です。コンディション・サウンドとも抜群です。
いずれも、ネットで購入でした。
この4台が、現在所有しているGibson J-45です。
当然のことながら、拓郎ファンであり、拓郎仕様に改造しています。
「ペグ」交換はショップからは「もったいない」とも言われました。
老後の趣味としてこれからも勉強します。
管理は、エアコン、加湿器、除湿機、ケースの4本立てです。

もしかして、プロのミュージシャンですか?(meehee)

単なるサラリーマンですよ。拓郎大好きのおじさんです。
ただ。拓郎のGibson J-45に大変興味をもち、何とか同じものを物にしたいと
探していたところ、こうなってしまいました。多分、拓郎も「ギター」を大変大切
にするのではないかと思います。
過去のコンサートにおいて「ギターがあるから飲みにいけない。まっすぐホテルに帰る」とか
「ギターをかばって頭をドアにぶつけた」とか、ギターにまつわる
話は結構していますしね。

”93TRAVELLIN MAN LIVE”で使用しているGibson J-45 とてもきれいですね。
本当に管理が行きとどいていたのではなかったのでしょうか?93年ですから・・・。
でも、それから10年経って私が手に入れたいと思ったときは、
なかなかコンディションも良く、サウンドも良い物はなかなか見つかるものではなく、
ネットで(岡山の田舎ですからショップも無いのです)ショップにじっくりとお願いしました。
(通常ネットで販売されているGibson J-45はなかなか立派ではないのが多いです)
ほぼ一年以上は待ちました。そして、やっと手に入れたのが今の4台です。
きっとこれほどのGibson J-45をもっている方はほぼいないのではないでしょうか
と自慢したくなります。

そして、管理も大変です。 昨年は、ギタールームも作りました。
「温度・湿度計(一体型デジタルになっています)」を各ケースの上とケースの中に
準備しています。温度と湿度を毎日気にしてしまう人間になってしまいました。
温度20℃ 湿度50%をエアコン・加湿器・除湿機で年間通じて
維持しなければなりません。磨きも乾拭きのみ・・・・・・。
でもこれが楽しみでもあります。・・・これ、拓郎と同じ???
これで、老後は楽しく過ごせる と。安泰です。



今回のつま恋2006には参加されてないようですが
ヤマハFGサンセットも購入され届いたようです。

凄いですね〜マニアックですね〜
これまでギブソンJ-45のそれもサンバーストだけを4本持ってるなんて?!
プロのミュージシャンでもいなく、単なるサラリーマンで拓郎が大好きで
ここまで惚れ込んでいるなんて敬服してしまう。

それにもまして、ギタールームまで作ったとは!
管理手入れがたいへんそうだけど、その手入れがたまらなく
豊かな至福の時間なのでしょうね(笑)
僕も一台欲しい〜 (meehee)